決算書を読みましょうよ!

株初心者が決算書を読めるようになるブログ

2020/10/12(月) 「8904 / AVANTIA」決算ピックアップ

好決算銘柄をピックアップ

8904 / AVANTIA

コード 銘柄名 市場 決算ポイント 株価 前日比(円) 前日比(%) PER PBR
8904 アバンティ 東1 今期経常は20%増益へ 819 +13 +1.61% 11.6 0.47

翌日値動き

2020/10/13(火) 終値

株価 前日比(円) 前日比(%)
872円 +53 +6.47%


会社概要

会社サイト

avantia-g.co.jp

設立

1989年11月16日

事業内容

注文住宅事業(プランニング設計・施工、インテリアコーディネート、エクステリア設計・施工)、戸建分譲事業、宅地分譲事業、リフォーム事業、開発事業、宅地造成事業、マンション事業、仲介事業

売上高

384億62百万円(2019年8月期 連結ベース)


財務3表

貸借対照表(B/S)

f:id:code365:20201013001459p:plain

損益計算書(P/L)

f:id:code365:20201013002559p:plain

キャッシュ・フロー計算書(C/S)

f:id:code365:20201013002708p:plain


▼▼▼ 財務3表は以下のサイトから作れます! ▼▼▼ analysis.stock.tecode247.com


レビュー

基本的には借り入れをしつつ規模拡大していってるイメージ? 気になるのは前回の営業CFのマイナスが大きいところ。 前年度のものを見たたところ、棚卸資産の増加額66億70百万があった模様。 しかし、当年度においては棚卸資産の減少額9億15百万円を計上している。 前年度の棚卸資産を売上げられたということか。 ちなみに前年度の決算資料からわかりましたが、ここは「サンヨーハウジング名古屋」だったんですね。

当期の概況を抜粋

当不動産業界におきましては、住宅取得支援政策や金融緩和政策継続を背景に、住宅需要は堅調に推移しておりました。 しかしながら、2019年10月以降、消費税増税の反動による落ち込みが続きましたが、年明け後は持ち直しの兆しがみられた矢先に、 新型コロナウイルス感染症拡大による営業活動の自粛や外出を控えることなどの影響を受け、非常に厳しい状況となりました。

(戸建住宅事業) 消費増税や新型コロナウイルス感染症拡大による営業活動の制約の影響により、顧客の住宅所有マインドは低下するなど戸建住宅の受注獲得に苦戦しました。しかしながら、足元の受注は堅調に回復しております。

(マンション事業) マンション事業も戸建住宅事業と同様に新型コロナウイルス感染症拡大の影響により受注活動が制約された影響もあり受注獲得に苦戦しましたが、足元の受注は戸建住宅事業と同様に堅調に回復しております。

(一般請負工事事業) 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により企業収益の悪化による設備投資の先送りなどもあり請負工事の受注は苦戦しました。

今後の見通しを抜粋

1つ目は、当社グループの中核である戸建住宅事業をコア事業と位置づけ、育成してまいります。 そのために戸建住宅ブランド「AVANTIA」の強化を図り、ブランド商品としての魅力を追求していくことで販売棟数の増加を目指してまいります。 また、自由設計住宅(売建)及び戸建分譲(建売)を中心に、請負住宅や住宅用地販売につきましても、積極的に展開を進めてまいります。

2つ目は地域戦略です。当社グループにとって愛知県は設立来の地盤であり、デザインギャラリーを中心に店舗を展開することで、引き続き深耕してまいります。 愛知県以外の店舗におきましては、建売住宅を中心とした供給を安定して行い、それぞれの地域シェアの拡大を目指してまいります。 当中期経営計画におきましては、重点強化地域として関西事業部及び三重事業部における供給と販売に注力してまいります。 特に関西事業部は、現在の1店舗体制から3~4店舗体制の構築を目指し、販売棟数で年間150棟規模への拡大を目指してまいります。 さらに、新たな市場の獲得に向けて、将来的な進出を前提としたマーケティングを継続的に行っておりましたが、 本年9月に首都圏進出の1号店として千葉県市川市に支店を開設いたしました。

3つ目は事業戦略です。地域に密着した店舗が、新築戸建住宅だけでなく、リフォームや不動産仲介など、様々な不動産サービスを提供する総合不動産店舗化の実現を目指してまいります。 当中期経営計画におきましては、リフォーム事業、不動産仲介事業を重点的に育成することとし、昨年7月に設立しました株式会社サンヨー不動産、昨年10月にグループ化しました株式会社プラスワンを中心としてグループ間のシナジーを発揮し、事業の確立と展開を図ってまいります。 さらに、新たな地域への進出、総合不動産型企業集団の実現に向けましては、M&Aを有効手段として積極的に活用することも検討しながら、当社グループの経営リソースを最大限に活用し、事業基盤の強化を図ってまいります。

まとめ

サンヨーハウジング名古屋」から「AVANTIA」へ。 ブランド戦略/地域戦略/事業戦略の3本柱で今後も規模拡大を目指す。

コロナ禍で住宅所有マインドは低下していたが、現在は堅調に回復している様子。 実際どうなんだろうか?個人的にはリモートワークが一般的になることで、自宅の広さ、居心地、遮音性などなど自宅に求めるスペックも上がるような気がする。 そうなると住宅所有マインドは長期的に見ると高まることも考えられる。 特に、地方からでも仕事ができるのであれば、地方で割安な住宅を購入する人も増えてもおかしくはない。 地方の空き家をリノベーションして安価で購入するのも悪くないと思う。 個人的には安価な家を2回買うくらいのほうが人生楽しいかなとか想像してしまう😂

住宅事業ってコロナ禍でかなりダメージ受けそうだと想像していた。 そんな中で好決算の

8904 / AVANTIA

明日の株価はどうなるぅ?